SUZUKI MOTORSPORT
SUZUKI HOME
レポート リザルト>> フォトギャラリー>>
2005年FIAジュニア世界ラリー選手権(JWRC)
第8戦:「ラリー・カタルニア」(10月28〜30日)
2005年10月28日
スズキ スイフト スーパー1600のガイ・ウィルクスがレグ1のトップに立つ!
4位カタヤマキ、5位アーヴァ、6位プロコップ、7位ヴァロウセクと5台のスズキが入賞圏内でレグ1を終えた!

  10月28日(金)、JWRC最終戦「ラリー・カタルニア」の本格的な戦いがいよいよスタートした。この日行われたレグ1、ラリーのホストタウン、サロウ近郊の山間部に6ヵ所のスペシャルステージ(SS:競技区間)が設けられた。SS総距離は155.82km、レグ1総走行距離590.93kmで競われた。
 JWRCドライバーズチャンピオン候補、スズキ スイフト スーパー1600をドライブするガイ・ウィルクス(イギリス)は、レグ1をトップで終えた。同じくチャンピオン候補のダニエル・ソルド(シトロエンC2・スペイン)は、レギュレーション違反によりレグ1終了後にスチュワード・オブ・ミーティングの裁定で60秒のペナルティを受け、3位となっている。スズキ イグニス スーパー1600を駆るコスティ・カタヤマキ(フィンランド)は4位。5位にウルモ・アーヴァ(エストニア)、6位マルティン・プロコップ(チェコ)、パヴェル・ヴァロウセク(チェコ)が7位でレグ1を終え、入賞圏内に5台のスズキが入った。P-G アンダーソンはSS5でコースオフ、残念ながらリタイヤとなった。


レグ1をトップで終えたガイ・ウィルクスのスズキ スイフト スーパー1600

 レグ1の早朝に降った雨の影響で、場所によってはウェットで滑りやすいコンディションとなった。次第にほぼドライへと変わっていったが、この日の残り2つのステージでは雨が再び降り始めるなど、路面状況が天候によりめまぐるしく変化する難しいコンディションとなった。そんな中、JWRCドライバーズチャンピオン候補の1人、スズキ スイフト スーパー1600をドライブするガイ・ウィルクスがSS1でセカンドベストタイムをマークし、その後もサードベストを連発、SS5ではステージベストタイムをマークするなどスイフト スーパー1600のスピードとポテンシャルの高さを披露。この日の最終SS6終了時点でトップのソルドに6.6秒差の2位のポジションにつけていた。しかしソルドは、シェイクダウンでのエンジントラブルのため新しいエンジンブロックに交換したことがレギュレーション違反となり、レグ1終了後FIAスチュワード・オブ・ミーティングの裁定で60秒のペナルティが課せられることになった。この結果、ウィルクスはレグ1のトップに立ち、2位は3. 2秒差でフィアット・プントのミルコ・バルダッチ(サンマリノ)、3位ソルドとなっている。
 4位にはスズキ イグニス スーパー1600を駆るコスティ・カタヤマキが入り、5位ウルモ・アーヴァ、6位マルティン・プロコップ、パヴェル・ヴァロウセクは7位でレグ1を終え、入賞圏内に5台のスズキが入る活躍を見せた。スイフト スーパー1600を駆るP-G アンダーソンは、SS5でブレーキング時に路面に撒き散らされたグラベル(砂利)に乗ってしまいコースオフ。マシンに大きなダメージを受けていたため、残念ながらレグ1でリタイヤとなった。
 またこの日の最終ステージSS6は、WRCドライバーのステファン・サラザン(フランス)のアクシデントによりJWRCはソルド、ウィルクス以降は走行できず、ウィルクス以降のドライバーには規定のタイムが与えられた。

 JWRC第8戦「ラリー・カタルニア」は、10月29日(土)レグ2を迎える。サロウの北西部に設けられたSSは6ヵ所(SS総距離134.85kmkm)、総走行距離501.15kmで競われる。

 

2004 FIA JWRCドライバーズチャンピオン
P-G アンダーソン/ヨナス・
アンダーソン【Car No.31スズキ スイフト スーパー1600】
レグ1 リタイヤ(SS5)
 「リタイヤしたのは自分のミスだ。ブレーキング時にコース上に出ていたグラベルに乗ってしまい、マシンがスライドしてしまった。壁にぶつかってサスペンションとステアリングアームにダメージを負ってしまった。こんなかたちでシーズンを終えるのはとても残念だが、今は来シーズンに向けて前向きに考えることにしている」

ガイ・ウィルクス/フィル・プー【Car No.32スズキ スイフト スーパー1600】
レグ1 1位
 「滑りやすいコンディションの中、ステージベストタイムもマークできたし、 納得のいく一日だった。特にハードに攻めているわけではないけど、 ここまで良いペースで走れている。 とにかく僕は優勝を目指して、明日以降も全力で戦う」

コスティ・カタヤマキ/ティモ・アランネ【Car No.33スズキ イグニス スーパー1600】
レグ1 4位

 「今日は極力ミスを犯さないように走った。リスクを負ってまで攻めてはいない。ステージはところどころ路面が濡れていて滑りやすかった。ポジション的には良い位置につけているから、明日以降もこのペースを守っていくよ」

ウルモ・アーヴァ/クルダー・シック【Car No.36スズキ イグニス スーパー 1600】
レグ1 5位
  「SS2のパンクでかなりタイムをロスした。それ以外は特に問題はないけど、ポジション的にも不満の残る一日だった。明日以降は、状況をみてペースを上げていきたいね」

パヴェル・ヴァロウセク/ペター・スタリー【Car No.42スズキ イグニス スーパー 1600】
レグ1 7位
 「SS5では4番手タイムもマークできたけど、パンクでタイムをロスしたのが響いてるね。でも良いリズムをつかめてきているから、明日以降が楽しみだ」

マルティン・プロコップ/ペトル・グロス【Car No.43スズキ イグニス スーパー 1600】
レグ1 6位
 「今日はブレーキに少しトラブルがあったけど、あとはトラブルもなく良い感じで走ることが出来た。明日もこの調子を維持して、フィニッシュを目指したい」

 


レポート リザルト>> フォトギャラリー>>
www.wrc.com >>
 
スズキWEBサイトのご利用にあたって FOR USE OF SUZUKI WEB SITE>>>
●本WEBサイトに記載されている内容 は、予告なく変更する場合があります。
●本WEBサイトはスズキ株式会社が著作権を有しています。
●本WEBサイトの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられ ております。
●NetscapeNavigator6.0もしくはInternetExplorer5.0以降での閲覧を推奨します。
推奨以外のブラウザでは、一部の機能が正しく動作しない場合があります。
(c) SUZUKI MOTOR CORPORATION All rights reserved.